サッカーの「主審」「副審」「第4審判」は英語で?

 

referee

主審

 

✍️「主審」を意味する referee ですが、ピッチ上ではよく省略して ref(レフ)と言われます。
 
 
 

 

assistant referee

副審

 

✍️「副審」に関しては linesman(ラインズマン)と呼ばれることもあります。ちなみに、VARは Video Assistant Referee のことを意味します。また、「第4審判」は英語で fourth official と言います。
 
 
 
 
 

例文1

Come on, ref! It’s never a handball!
 
審判、しっかり!絶対ハンドじゃないよ!
 
 
 
 
 

例文2

Benzema put the ball in the back of the net, but the linesman was quick to raise his flag for offside!
 
raise one’s flag
(〜の)旗を上げる
 
ベンゼマがネットを揺らすも、副審が素早くオフサイドの旗を上げました!
 
 
 
 
 

例文3

The VAR was used for the first time in a World Cup final to award France a 38th-minute penalty which Antoine Griezmann scored to give them a 2-1 lead.
 
award
〜を与える
 
フランスに38分のペナルティーキックを与えるという形で、W杯の決勝で初めてVARが使用され、グリーズマンが2対1のリードをもたらしました。