サッカーの「ヘディング」は和製英語?本来の意味とは?

 

header

ヘディング

 

✍️これは説明が難しいのですが、heading というのは「ヘディングをする」という意味の動詞 head が変化したもので、header とは異なる言葉です。なので、「素晴らしいヘディング」を英語にするときは a great header(へダァー)と言います。

 

ちなみに、動詞の head は head away「ヘディングで弾く」や head home「ヘディングで得点する」といった熟語の形で登場します。

 

実際に英語の Twitter アカウントがどのように表現しているかを見てもらえば、イメージがつくと思います。確かに日本人が「ヘディング」と言うところで「へダァー」という言葉が使用されていますね。

 

 
 
 
 
 

例文1

The striker headed home after a beautiful cross from the edge of the box.
 
そのストライカーはペナルティーエリアの角からの美しいクロスをヘディングでゴールしました。
 
 
 
 
 

例文2

GOAL! Vertonghen with a loopy header from far out beats Kawashima and Belgium are just one goal behind now!
 
loopy
フワッとした
 
beat
〜を破る
 
ゴール!フェルトンゲンの遠い位置からのフワッとしたヘディングが川島を破り、ベルギーがわずか1点差としています!
 
 
 
 
 

例文3

England double their lead right after the restart as Harry McGwire sends a glancing header into the far post!
 
double one’s lead
リードを2倍にする
 
glancing header
すらすようなヘディング
 
ハリー・マグワイアが遠い方のポストへすらすようなヘディングを流し込み、イングランドが再開直後にリードを2倍としています!