サッカーにおける「X分経過」&「あとX分」は英語で?

 

X分経過

X minute(s) gone

 

 

 

あとX分

X minute(s) to go

 

 
✍️ As the time goes by 「時が経つにつれて」というフレーズもあるように、時間の経過を表現するために go が使われることもあります。
 
 
 

例文1

30 minutes gone. Still 0-0.
 
30分経過。まだ0対0です。
 
 
 

例文2

Don’t worry, guys! We have another 45 minutes to go!
 
みんな、心配するな!オレたちにはあと45分ある!
 
 
 

例文3

Diego Costa gives his side a 1-0 lead with 13 minutes to go!
 
あと13分ところで、ディエゴ・コスタが1対0のリードをもたらす!