監督や選手がよく使う「勝利・敗北に値する」は英語でどう言う?

 

deserve to win/lose

勝利・敗北に値する

 

✍️動詞の deserve には「〜に値する」という意味があります。これを使用して、「勝利・敗北に値する」を上手く表現することができます。

この他にも、「勝ち点3に値する」と言いたければ、deserve to get 3 points のような言い方もできます。
 
 
 

例文1

Obviously, we deserved to win.
 
obviously
明らかに
 
明らかに、我々は勝利するに値しました。
 
 
 

例文2

Judging from the first half performance, Arsenal didn’t deserve to lose.
 
judging from A
〜判断して
 
performance
パフォーマンス, 出来栄え
 
前半のパフォーマンスからして、アーセナルは負けるに値しなかった。
 
 
 

例文3

It was certainly a well-deserved win, but there is still room for improvement in how they defend.
 
certainly
確かに, 間違いなく
 
well-deserved
当然の, 受けるに値する
 
それは確かに当然の勝利であったが、どのように守備をするかにおいて、まだ改善の余地はある。