サッカーにおける woodwork(ウッドワーク)の意味とは?

 

woodwork

ゴールの枠, ポスト, バー

 

✍️本来は「木工技術」という意味の woodwork(ウッドワーク)ですが、サッカーシーンにおいては「ポスト」や「バー」といった「ゴールの枠」を表します。

例えば、hit the woodwork で「(シュートを)ポストに当てる」、be denied by the woodwork で「ポストに弾かれる」「ポストに嫌われる」のような表現になります。

また、bounce back off the woodwork で「ポストに当たって跳ね返る」、go in off the woodwork で「ポストに当たって入る」という意味を出すことができます。

ちなみに、ゴールの「上隅」や「下隅」は英語で top corner や bottom corner と言います。詳細は こちら の記事でご確認ください。
 
 
 

例文1

In football, woodwork refers to the goal frame.
 
 
refer to A
Aを示す, Aを参照する
 
フットボールにおいて、ウッドワークとはゴール枠のことを示します。
 
 
 

例文2

The striker finally found the back of the net after hitting the woodwork twice in a row.
 
 
find the back of the net
ゴールネットを揺らす
 
in a row
連続で
 
そのストライカーは2回連続でポストに当てた後、やっとの思いでゴールネットを揺らしました。
 
 
 

例文3

Cristiano Ronaldo had a brilliant effort, but the goalkeeper got a fingertip and it was eventually denied by the woodwork.
 
 
get a fingertip
指先で触る
 
eventually
最終的に, 結局
 
クリスティアーノ・ロナウドが素晴らしいシュートを放ちましたが、キーパーが指先で触れ、最終的にはポストに弾かれました。