「1対0」や「2対1」など英語での得点の読み方は?

 

one-nil

1対0

 

✍️サッカーで得点を読むとき、「ゼロ」を「ニル」や「ノー」と読むことが多いです。また、傾向として勝っているチームの得点数を先に言うパターンが多いです。なので、0対2でも nil-two という言い方はあまりしません。ちなみに、「勝っている」と「負けている」を表現するためには、◯◯ are three-nil up や △△ are two-one down のように言い方をします。また、日本語の「対」にあたるハイフンの部分は、英語では読まれません。
 
 
 
 
 

例文1

GOAL! Oliver Giroud shows his striker’s instinct to put Chelsea one-nil up!
 
instinct
直感, 本能
 
ゴール!オリヴィエ・ジルーがストライカーの直感を示し、チェルシーに1対0のリードをもたらしています!
 
 
 
 
 

例文2

Arsenal has made a brilliant comeback from two-nil down to win the match away against Spurs!
 
comeback
逆転劇
 
アーセナルはアウェイでスパーズに対して、2対0で負けている状況からの素晴らしい逆転劇を成し遂げました!
 
 
 
 
 

例文3

Leicester blew away the chance to return to top four after their two-one defeat to Manchester United.
 
blow away
〜を台無しにする, 〜を吹き飛ばす
 
defeat
敗北
 
レスターはマンチェスターUへの2対1の敗北で、トップ4へ戻るチャンスを台無しにしました。
 
 
 
 
 

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る