イギリス英語で頻出のスラング的なサッカー用語10選【第2弾】

(Esquire.comより引用)

 

海外サッカーを扱った英語のニュース記事などを読んでいると、一般的な英語学習では出会わない表現をよく目にします。

 

日本語でもそうですが、「サッカー通の人間が使う言葉」って一味違いますよね?

 

例えば、有名なものでは「削る」が挙げられます。これはサッカーで「相手に(怪我をさせるつもりで)激しく対応する」ことを意味します。

 

このようなサッカー用語を状況に合わせて正確に使いこなすことによって、さらにサッカーを楽しむことができるようになると思います。

 

そこで今回は、BBCニュースのサッカーカテゴリーにあった記事の中から、独特の英語表現を10個厳選して紹介します。

 

第1弾よりもさらに難易度の高い語やフレーズがたくさん登場します!しっかりと覚えて、ボキャブラリーを豊かにしていきましょう!

 

 

 

 

 

No.1

 

roll a dice

勝負を仕掛ける

 

✍️直訳すると「サイコロを転がす」という意味のこちらのフレーズは、監督が選手交代などで「勝負を仕掛ける」ことを意味します。

 


《例文》
 Mourinho is rolling a dice at the early stage of the second half!

《日本語訳》
 モウリーニョが後半の早い段階で勝負を仕掛けています!
 

 

 

 

 

 

No.2

 

high-intensity game

高い強度の試合

 

✍️日本でも最近は耳にするようになった intensity (インテンシティー)という言葉には「強度」という意味があります。なので high-intensity game とは攻守の切り替えが早く、球際のバトルが熱い試合を指します。

 


《例文》
 It was really exciting to watch a high-intensity game!

《日本語訳》
 高い強度の試合を見るのはとても楽しかったです!
 

 

 

 

 

 

No.3

 

killer instinct

負けん気, 闘争心

 

✍️直訳すると「殺し屋の本能」となるわけですが、BBCのような公式なニュース記事の中でも普通に使用されている言葉で、「負けん気」や「闘争心」という意味があります。

 


《例文》
 The lack of killer instinct inside the box is a big problem for Real Madrid.

《日本語訳》
 ボックス内での闘争心の欠如はレアル・マドリードにとって大きな問題だね。
 

 

 

 

 

 

No.4

 

attacking fluidity

攻撃の流動性

 

✍️前線の選手がポジションを入れ替えたり、後方の選手がサポートをしたりして、多彩な攻撃を仕掛ける様子を描写するのに使用されます。「流れるようなサッカー」を flowing football と言ったりもしますね。

 


《例文》
 The manager’s system involves relentless pressing and attacking fluidity.

《日本語訳》
 その監督のシステムは容赦ないプレスと攻撃の流動性を含みます。
 

 

 

 

 

 

No.5

 

first-leg deficit

第1戦の負債

 

✍️ホーム&アウェイ方式が取られている場合の、第1戦における負債(失点など)を first-leg deficit と言います。この deficit とは「負債」や「赤字」などの意味がある言葉です。

 


《例文》
 Liverpool overturned a 2-0 first-leg deficit to beat Bayern Munich.

《日本語訳》
 リバプールは2対0という第1戦の負債をひっくり返し、バイエルンを撃破しました。
 

 

 

 

 

 

No.6

 

line-breaking pass

間を割るパス

 

✍️相手のディフェンスとディフェンスの間を通すようなパスを line-breaking pass と言います。直訳しても「ディフェンスラインを壊すパス」となるので、なんとなくイメージができますね。

 


《例文》
 Modric is always looking for an opportunity to provide line breaking passes.

《日本語訳》
 モドリッチは常に間を割るパスを供給するチャンスを伺っている。
 

 

 

 

 

 

No.7

 

clear-cut chance

明らかなチャンス

 

✍️もともと clear-cut という言葉は「輪郭のはっきりした」という意味で使われていた語です。そこから転じて、「明確な」という意味で使用されるようになりました。

 


《例文》
 Wasn’t that a clear-cut chance?

《日本語訳》
 あれは明らかなチャンスじゃなかった?
 

 

 

 

 

 

No.8

 

makeshift defence

間に合わせの守備(陣)

 

✍️ 最終ラインにケガ人などが出ているとき、中盤の選手をコンバートしたりすると思います。また、相手に合わせて最終ラインの人数を変更したりした際にも makeshift defence は使用されます。

 


《例文》
 It’s gonna be hard to play against PSG with a makeshift defence.

《日本語訳》
 PSG相手に間に合わせの守備陣でプレーすることは難しいだろう。
 

 

 

 

 

 

No.9

 

match-fit

試合をするコンディションの整った

 

✍️日本人が思う fit の感覚とはちょっと違うのかも知れませんが、形容詞の fit には「コンディションの整った」という意味があります。むしろ condition は天候やピッチの状況を指す言葉だったりします。

 


《例文》
 I think it will take another two weeks for him to be match-fit.

《日本語訳》
 彼が試合をするコンディションの整うまで、もう2週間はかかるだろう。
 

 

 

 

 

 

No.10

 

ghost past

するりと抜き去る

 

✍️「ドリブルで抜き去る」という意味の dribble past などは見たことがあるかも知れませんが、その進化系とも言える表現です。オバケがスッと通り過ぎていく感じですね(笑)

 


《例文》
 GOAL! Messi ghosts past two defenders and puts it into the net!

《日本語訳》
 ゴール!メッシが2人のディフェンダーをするりと抜き去り、ゴールに流し込みました!
 

 

 

 

 

 

おわりに

いかがでしたか?今回の記事では、BBCニュースで見つけたサッカーに関する独特の英語表現を10個紹介しました。

 

なかなか見たことのない表現が多かったと思いますが、皆さんのサッカー英語ボキャブラリーのレベルが、少しでも上がったのであれば幸いです。

 

ちなみに、これらは DAZN の英語実況でもよく耳にする表現だったりもします。1ヶ月無料で視聴ができるので、ぜひ英語実況も楽しんでみてください。

 

\ すべて、1ヶ月無料。いつでも退会可能 /

海外サッカー見るなら、DAZN

 

それでは、良いサッカーライフを!最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る