プレミアリーグに咲く「赤いポピーの花」のマークの意味とは?

( Premier League より引用)

11月初旬にプレミアリーグを見ていると、選手たちのユニフォームに赤い花のバッジがプリントされていることに気がつきます。また、試合開始前のセレモニーでも、至るところに散りばめられていますね。

実はこの「赤いポピーの花」のシンボルマークは Remenbrance Day(リメンブランス・デイ)という11月11日の世界大戦終結の記念日に際して、選手や監督・その他の関係者が身につけるものなのです。

「ポピー」というと日本人には馴染みのない花かもしれませんが、「ヒナゲシ」「コクリコ」や「虞美人草(ぐびじんそう)」とも呼ばれたりもします。スタジオジブリの作品で、「コクリコ坂から」ってありましたよね。
 
 
 

赤いポピーが意味すること

 
Red poppies are usually linked to consolation, remembrance, and death. The red poppy is used as a way to recognize fallen soldiers – most notably those who died in World War II. However, in Eastern cultures, poppies usually symbolize love and success instead, a stark contrast to their solemn Western symbolism.

西洋文化において、赤いポピーは通常、「慰め」「追憶」「死」を連想させるもので、とりわけ第2次世界大戦で戦没した兵士たちに敬意を示す方法として使用されます。しかしながら、厳粛な西洋の象徴主義とは対照的に、東洋文化ではポピーは一般的に「愛」や「成功」を表するものとなっています。

( Florgeous より引用)

 
リメンブランス・デイという記念日の名前からも分かるように、イギリスでは兵士たちへの「追憶」の意味を込めてポピーの花を選んでいることがわかります。

その一方で、東洋文化においては、赤いポピーの花が「愛」や「成功」の象徴というのは、なんだか素敵な話ですね。

ちなみに、ピンクのポピーには「栄華」や「想像」、白のポピーには「安らかな眠り」という意味もあるそうです。
 
 
 

ロイヤル・ブリティッシュ・リージョンの活動

( The Royal British Region より引用)

この Poppy Appeal(ポピー・アピール)という活動の中心となっているのは国軍や退役軍人、その家族などに支援を提供している Royal British Region という慈善事業団体です。

ちなみに、この合言葉は Lest we forget.(忘れないように。)です。画像のバッジにもしっかりとこの言葉が刻まれていますね。

ちなみに、「〜しないように」「〜をするといけないから」を意味する lest という接続詞は私もこの件で初めて知りました。日常会話では in case や for fear that の方が使用頻度が高いですね。

 
 
 

プレミアリーグとの繋がり

( Premier League より引用)

プレミアリーグでは2012年より、赤いポピーのプリントされた特別なユニフォームを選手たちが着用することで、ロイヤル・ブリティッシュ・リージョンの活動をサポートしています。

選手たちが着用したユニフォームをオークションにかけることで、団体の活動に必要な資金にしているとのことですが、なんとこれまでに3億円以上を提供してきたそうです。

Football remembers.(フットボール界は忘れない。)という世界平和への意識も示しながら、熱い戦いを見せてくれる選手には本当に感謝しかありませんね。リメンブランス・デイ、覚えておきましょう。