【国別】サッカーとフットボールの違いとその歴史的背景

Soccer or Football?

 

世界の大多数の人は日本人の言う「サッカー」を「フットボール」と呼びます。なぜ、このようなことが起きるのかを理解するために、両方の語が使われるようになった背景をみていきましょう。

 

Football (フットボール)
 1863年に英国で世界初の Football Association (フットボールアソシエーション)が設立されました。そして、この Association (協会)が定めたルールを使用して行う競技のことを Association Football と呼んでいました。イギリス人にとっては、これが省略された形が Football だったということです。

 

Soccer (サッカー)
 過去には様々なタイプのフットボールが存在していました。例えば、Assocciation Football、Rugby Football、American Football などです。これらをアメリカ人が省略して区別した際に、それぞれ Soccer、Rugger、Football になったと言われています。この Soccer という言葉は Association の一部から派生したものです。

 

日本はアメリカ英語で教育を行うのが一般的なので、Soccer と呼ぶのは自然なことだと思います。ただ、日本では競技自体を「サッカー」と呼びながらも、全体の指揮を執っている団体は Japan Football Association なので、ちぐはぐ感がありますね。

 

 

 

 

 

各国の呼び方

以下の世界地図の画像では、それぞれの国が「サッカー」「フットボール」「その他」どの言葉を使用しているのかがまとめてあります。

 

黒: フットボール(またはそれを訳した語)
黄: サッカー
青: その他

(TRANSLATION Royale より引用)

 

世界中の90%の国では Football 系の言葉を用いていると言われていますが、ドイツでは Fußball (フースバル)、スペインでは fútbol (フットボル)のような発音になります。

 

中国語では「足球」がサッカーまたはフットボールを表す言葉として使われていますが、これは “foot” と “ball” を直訳したものですので、黒く塗られています。

 

アメリカのサッカーリーグは今でも Major League Soccer と言われいますのは有名ですし、他にも、カナダやオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどの英語圏では Soccer という言葉が主流なので、黄色になっています。

 

ヨーロッパで唯一黄色になっている国が、アイルランドです。この国では「手を使えるフットボール」として人気のある Gaelic football (ゲーリックフットボール)というスポーツと区別するために、サッカーという言葉を使用することが多いようです。

 

青く塗られている国は少数ですが、いくつかあります。これらの国ではサッカーまたはフットボールと完全に違う呼び方をしています。例えば、イタリアではサッカーのことを calcio (カルチョ)、インドネシアでは sepak bola (セパク ボラ) と呼んでいます。

 

 

 

 

 

まとめ

今回の記事ではサッカーとフットボールの違いについてまとめてきました。サッカーとフットボールどちらの言葉を使用すべきかは、相手によって変える必要があるということですね。

 

英語で話すときは Football, which we call soccer, is …「私たちがサッカーと呼ぶフットボールは…」などのフレーズで、探りを入れてから話すのが正解かもしれません。

 

 

 

 

 

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る